ベルトのおしゃれ


スーツをぴしっと着るときに、重要なおしゃれさを担う

ベルトは、特にスーツをぴしっと着るときに、重要なおしゃれさを担ってくれます。
スーツ選びに気を遣っていても、ベルトが安物だったり、デザインがいまいちだったりすると、全体としては完璧ではありません。
スーツを着るときは、周辺のアイテム――ワイシャツ、ネクタイなどももちろん、ベルトにも気を遣いましょう。

特にしっかりとスーツを着用する際は、ワイシャツのすそをズボンに入れることになります。
すると、特に背広を着ていない場合は、ベルトが非常に露出するわけです。
また、背広を着ている場合でも、ワイシャツがズボンにしっかりと入っていれば、ベルトが露出することはあります。
そのときに、おしゃれなベルトだったときと、そうではないベルトだったときの、印象の与え方は大きく変わることでしょう。
ベルトなんてどうせ見せないから何でもいいや……という考え方は本当のおしゃれとしては間違っています。

そういった見えにくいところにもこだわりを施しておくことで、ちらっと見えたときに、大きなインパクトを与えることができます。
スーツとあわせる際は、あまり派手系のベルトは避けるようにしましょう。
落ち着いてかっこいいスーツの男性を演出する際に、ベルトだけ浮いてしまったら元も子もありません。